日蓮宗 島久山真浄寺 千葉県いすみ市 島
                                                                          印刷は→A4横,縮小,余白調整などで)


T 根本日堯上人大荒行成満帰山奉告式                    (U 団 参

  2018年2月14日:ボクらのお寺の御住職日堯上人は、世界3大荒行の1つと言われる過酷な、寒中100日間の大荒行(中山法華経寺)の第4回目(計400日)を成満(達成)し、
更に御立派になって帰山されました。檀家一同にとって誠に誇らしく、有難いことです。お目出とうございます。

  そして、今冬は記録的な寒さの中で大変だったと思います。先ず、お身体を癒されてから、御活動されますよう。

  なお、日堯上人は今まで、@初行を1992年に、A再行を2000年に、B第3行を2007年に成満されましたが、このページには、そのうち第3行と今回の第4行時の帰山式の様子を掲載しました。


 清々しい帰山式の朝

   広域農道(茂原〜夷隅線)に面した参道


          お帰りを待つ、深山幽谷の霊場




       大きな門柱(樹齢数百年の製)


        坂の途中から本堂方向を見上げる




     急な坂道を登ると本堂まぶしい
    本堂前庭に設けられた水行場★ (以下印の写真は こみなと写真工房の撮影)





 お行列

 (1) 第3行時=2007年2月10日

  間の谷七面堂からお寺までの約1kmをパレード(黒須美智雄さん撮影)

  広域農道を横断中 後方に七面堂が見える

もうすぐお寺

(黒須美智雄さん撮影)



 (2) 第4行時=2018年2月14日


  島集会所から、総代の皆さんを先頭に出発(8時57分)

  お行列中程〜後方の皆さん。白装束が日堯上人と同行の6上人

  お題目を唱えながら 、広域農道を進む (背景は「つくしんぼう」)    木々に覆われた急な参道を登っているところ




 水行式(本堂前庭にて)

   水行に当たっての説明(第4行時) (9時17分)      同行の荒行僧と共に水行(第3行時)(黒須美智雄さん撮影)


   先ず、世界平和や五穀豊穣、皆さんの健康や繁栄などを祈る(第4行時)


   同左 : 本堂側から見たもの。正面が日堯上人(9時27分)


   
冷水を頭からザッブ〜ン!(第3行時) (黒須美智雄さん撮影)
 (第4行時)
     


これを20回ぐらい繰り返し

見ているだけでも、心が洗われるようでした
(第3行時)



4 御宝前での儀式(帰山奉告、読経、加持祈祷、来賓の祝辞、謝辞など)(第4行時) 

        千葉県南部宗務所長から許証状の授与(9時57分)


           日堯上人、お礼の挨拶




     7荒行僧による読経
    同左、後方に檀家の皆さん



    大迫力のお加持






     お経頂戴 







帰山奉告される日堯上人(10時24分)





5 記念撮影(調整中)




6 檀家の皆さんへの加持祈祷(第4行時)

     荒行僧による檀家の皆さんへの加持祈祷           同  左 (11時20分)


・・・・・・・この後、祝宴。目出たし目出たし・・・・・・・








  (次ページは、U 団参






U 団 参


1 身延山

   2009年6月6日〜7日:祖山輪番総登詣とて千葉県南部宗務所管内のお寺の住職、役員など700数十人で、お参りした。

   (五重塔〜祖師堂付近を東側から、つまり房総を背にして撮影)

五重塔:2009年5月に再建、落慶されたばかり
      400年前の姿がよみがえったという。その手前は鐘楼

(五重塔と鐘楼の間に、三門から登ってくる菩提梯といわれる急な階段があり、右の
大本堂へと連なっている)

前方から手前に
大本堂、祖師堂、枝垂れ桜

(白い行衣の人達が、「祖山輪番総登詣」の仲間)

   

 





2 池上本門寺、堀之内妙法寺
   2010年5月23日:日蓮大聖人御入滅の霊跡大本山池上本門寺と、堀之内のおそっさま妙法寺に、旧夷隅町の日蓮宗10数ヶ寺で構成する
  「広手組」の住職、役員など約80人で参拝。あいにく本降りの雨で、写真が撮れなかったので、各お寺のホームページでどうぞ。




 小松原鏡忍寺、大本山清澄寺
   2012年6月23日:広手組の住職、役員など約80人で、大聖人御法難の霊蹟小松原山鏡忍寺と、立教開宗の霊場大本山清澄寺を参拝。



 佐渡                                                         クリックして、探せばその時の写真が見られます。
   2015年6月13〜15日:大聖人御法難の霊蹟佐渡の本山 塚原山根本寺阿仏房妙宣寺を、広手組の住職、役員など35人で参拝。その
  途中、トキ保護センターも見学した。    

佐渡へのフェリー 
    (往路は「ときわ丸」で、帰路は、このおけさ丸で)
トキ保護センタートキ
      (繁殖期は灰色、非繁殖期の8〜1月には,全身ほぼ真っ白になる。とか)


    




5 中山法華経寺柴又帝釈天
   2018年1月19日:寒中100日の大荒行の第4回目を修行している日堯上人を、檀家の約20人で大本山法華経寺に見舞い、激励。その帰路、
  足を延ばし、法華経寺ゆかりの柴又帝釈天=日蓮宗経栄山題経寺を参詣。帝釈堂内殿周囲の素晴らしい装飾彫刻群「彫刻ギャラリー」を見学した。

   朝7時に地元を出発、法華経寺に到着したところ(8時41分)



    大荒行堂(9時38分) 
 面会順番待ちの皆さん(行衣)。入り口付近の平服は、面会帰りの他寺院関係者
 この後堂内に入り、同行僧10数人から加持祈祷を受け、そして、
 日堯上人との面会。この間約20分。お元気そうで何よりだった。
 なお、修行僧は体力消耗し抵抗力減少とて、外来者は防菌マスク着用




   柴又帝釈天の二天門(参道の土産物店街から)

(左)帝釈堂(右)経栄山題経寺本堂(祖師堂)
  帝釈堂は、拝殿と内殿の2段構え。装飾彫刻は後ろの内殿周囲に。







 お気付きの点がありましたら、ここを←クリックしてメールとか、何らかの方法でお知らせ頂けると幸いです






目次へ戻る