−−−−−
 
遊喜太陽光発電所
 
−−−2007年7月31日完成−−−−

  発電所の概要      2 建設日誌     3発電状況グラフ)   4 第2発電所建設計画:業者が大長考


 この発電所は、COの排出を削減して地球温暖化を防ぎ、人類の絶滅期を少しでも先送りするため、
地球温暖化防止活動推進員の自主的活動として、建設したものです。 御 挨 拶 

 これにより、ボクの目指す食料〜エネルギー自給の遊喜ロハス省エネ「準縄文生活が大きく前進しました。
 見学にお出で下さい。お待ちしています。

1 発電所の概要

(1) 所在地:上総國夷隅ごおり島村
(2) 発電開始:2007年7月31日 
(3) 発電システム:3.06kw型
(4) 予定発電量:年間3,600kwh
(5) 建物の建設業者:夷隅苅谷村のA工務店
(6) 発電所建設:上総牛久村のK商事
(7) 旧建物の解体整地:夷隅松丸村のI I土建
(8) 総工費:1000万円余

・・・遊喜ロハス。つまり、遊んで喜ぶには、経費がかかるのもやむを得ないところ・・・


 建設日誌

・2006年12月11日:発電所の土台となる作業場兼納屋建築の検討用として、建築私案をA工務店へ渡した。
・12月31日:A工務店が、ボクの私案を基に建物全体の設計概要図を作成してきた。

・2007年1月15日:A工務店がつい最近建てたという旧東村高谷の農家の作業場を妻と見学。随分しっかりした形に出来ていた。内側が板壁なのが気に入ったこと等、こういう建て方なら大丈夫と大いに安心した。ただし、建設費が高そう。
・1月20日:上総牛久のK商事の「太陽光発電所説明会」に出席。約1時間に渡り個別の説明を聞いた。
  なお、この会社では、畑で野菜も作っているとて、土産に大根、にんじん、小松菜をくれたので、前向きに進めることにした。
・1月24日:工務店による発電所土台建物の詳細設計(見積り額)を基に第2回検討。約1時間半。確認と合意。
・2月3日:I 土建と旧作業場解体工事検討。最近は、畑での消却が出来ないので、解体撤去整地までの全てを、I 土建に頼むことにした。
・2月8日:柏の葉「さわやかちば県民プラザ」で、地球温暖化防止活動のお勉強。
・2月9日:牛久のk商事で、第2回検討。・・・特に屋根の勾配、形状、配線、クッキングヒーター使い勝手などを1時間半ぐらいに渡って聞いた。勾配は3寸を4.5寸と急傾斜にしたいと思う。
・2月10日:お坊さんの、第参行成満帰山式の後、2月26日に「御祈祷」を依頼した。
・2月13日:古い自動脱穀機などを、鉄くず業者に引き取って貰った。
  〃 夕方:A工務店と第3回検討。屋根(5寸勾配)、窓、基礎工事など本体工事の大部分を合意。まだ電気工事ではアンペアアップ(最低60A)も必要だし、クッキングヒータ等への200ボルト配線3箇所の検討が残っているものの、かなり形が見えてきた。
・・・ドタキャン後戻りは無くなる。
・2月14日:I I 土建へ、現作業場の解体〜跡地への土盛り工事=3月9日〜を連絡。
・2月17日:I ラジオ店が来て、クッキングヒータ用の配線と器具(ガス器具用とのサイズの相談)など。
・2月26日:お坊さんによる工事安全の御祈祷。家族で塩、白米、酒を建物にお礼しながら周囲に撒く。

・3月9日(房)から10日:旧作業場の解体〜土盛り工事。
     9日は小雨のため、埃の立つのが少なく絶好の解体日和。10日は晴れ後曇りで片付け〜土盛り順調。
    お天気に恵まれて完了。しかも翌11日は大雨。盛り土が締まる、最適なお天気経過であった。
・3月25日(参):A工務店と工事契約。素晴らしい作業場兼太陽光発電所を造ってくれそうな気がして、嬉しくなった。

・4月24日:千葉県地球温暖化防止活動推進員会議(柏の葉県民プラザ)に出席。活動方法などを確認。
・4月26日:発電所用建物の基礎工事始まる(H土建)。


 
 発電所ですから地震などの被害を受けると、政治問題に
発展しかねません。とにかく丈夫に造る必要がありますから
この種の建物としては過大とも言える
全面鉄筋入りベタ基礎とした。

2007.4.30
(道路からこちらを見ているのはボクのカルディナ

2007.5.3

工事がどんどん進み、そして

   

・5月13日:千葉県地球温暖化防止活動推進員夷隅地域会員の、第1回会合(夷隅文化会館)に出席。

・5月26日:建前。

建前翌日の様子


・6月12日:屋根葺きが概ね終わる。旧作業場に比べ見栄えも良さそう。

・6月30日:夷隅郡市の地球温暖化防止活動推進員の会=「温暖化防止イスミ」の第2回会合
      活動方針などが検討されたが、ボクは都合がつかず欠席。7月6日〜代表者などが管内の市町にPRに行くことになった。
・7月10日:水回り、コンクリート仕上げ一部の配線などを残して、建物はほぼ完成

・7月14日:台風第4号の接近を前に、足場をハズした。
・7月20日:太陽光発電パネル設置。

・予定どおり 7月31日完成。発電を開始
(前の建物とほとんど同じ位置に、面積も同じにして、2階を普通の高さにしたもの。)



・7月31日10時半ごろ:東電の立ち会い検査を経て、発電を開始。
               曇りがちだったので0.7kw程度でのスタート。この日の発電量は6kwhだった。そして、
・8月1日〜8月前半の発電量は、13〜16kwhと好調。その後の曇天はあったが8月計で431kwhを記録した。

3 発電状況

(1)2008年の日発電量の推移


グラフ・・・調製中
   ※ 日発電量の最大は、3月22日、4月1日、5月6日の19kwh

   その後、2011年までの日発電量を見ても、最大は19kwh。それも3月中旬〜5月中旬に限られている。



(2) 月別発電量
  発電量を月別に現すと、こうなる。(2007.8〜2018.12)


月別グラフ・・・調整中

   ・毎年9月〜12月の発電量が少ないことが分かる。

2007年8月の発電量は計417kwhと、この3kw規模の平均月発電量の約1.5倍を発電。
発電開始第1ヶ月目から、記録的な好成績。

  そして、好天の日は猛暑となって、暑くて暑くて。 
  なお、この猛暑は全国的で、8月16日には、熊谷と多治見で40.9℃。74年ぶりに高温記録を更新した。
  そして、8月22日の午後は、冷房増などで電力窮迫が予想されたため、東電は「随時調整契約」を結んでいる大口会社などに、電気の使用を控えるよう要請した。この要請は17年ぶりとか。
 この電力窮迫状況の中で、我が発電所はフル稼働、上の表のようにこの日は17kwhを発電して電力需給の緩和に貢献した。

・9月は、更に曇雨天の日が多くなったため、発電量の凸凹が激しくなり、9月計266kwhと8月の発電量の65%となった。
 特に9月29日は、発電量が1に満たず、初の0kwh。

・10月前半は、9月より更に曇雨天が多かったため、10月15日までの発電量は114kwhと極めて少なかった。
 10月後半は、やや天気が安定してきたものの、月発電量は258kwhに止まった。
・11月に入っても発電量は、ほぼ10月と同じように推移したが、月末に曇雨天続きとなったため、月発電量は243kwhと、
発電開始以来の最低を記録した。
・12月になると好天の日が多くなったが、可照時間が少ないことと太陽高度が低くなったためか、1日快晴でも
  日発電量は14kwh位が最大となっている。12月の発電量は279kwhだった。

2008年1月3日、珍しい見学者来訪。

フィンランド タンペレ市からの留学生(某大学院)

ミッコ・ヴィレニウス君

サスガは学力世界一のフィンランド人。
2、3年で倭語ペラペラ。倭人のボクより流暢。

30〜35年後は、フィンランド大統領かも

・2008年は新年から好天が続いた。このため日発電量は1日に15kwhを。25日には16kwhを記録するなどで
 1月計274kwhの好成績。

・2月は、低温でかつ晴天の日が多くなったため発電は好調で、13日、17日、18日、24日、25日と日発電量が18kwhの最高記録を連発
 2月の発電量は、計366kwhと、1月より92kwhも上回った。

・3月は、可照時間が延びたし、まだ発電能率を阻害する程の高温にもならないため発電能率が好調で、22日には日発電量が19kwhと、
最高を更新。月計では342kwhだった。

・4月の初めは好天続きで発電は好調であったが、7日〜は雨の日が多くなり(菜種梅雨)、発電量は、月計293kwhと低調。

・5月は、可照時間が長くなって発電量の増加を期待したのだが、4月からの曇雨天が続き、日別グラフのような低水準が続いて、
月計では315kwhだった。

・6月は、梅雨時でグズついた日が多かったので、月計では265kwhと少なかった。

・7月は、上旬から梅雨明けを思わせるような好天がつづいて、好調な発電で、昨年8月に次ぐ375kwhを記録した。

 

(3) 発電能率=日照1時間当たり発電量
 
 ア 発電能率の推移

   発電パネルが劣化して、発電能率が落ちると言われるので、
 発電能率(日照1時間当たり発電量kwh)=年発電量/年日照時間として、下表の
 発電データと茂原アメダスにより

年間発電量と日照時間の推移
    日照時間 日照1時間当たり
発電量 (茂原) 発電量(kwh)
2008 3590 1743.1 2.06
2009 3854 1657.1 2.33
2010 3720 1859.5 2.00
2011 3949 1952.7 2.02
2012 3711 1971.6 1.88
2013 4009 2070.1 1.94
2014 3878 2060 1.88
2015 3696 1926.7 1.92
2016 3550 1780.8 1.99
2017 3908 2017.4 1.94
2018 3883 2044 1.90
       
 :日照時間は、夷隅の周辺アメダスのうち、気象推移が夷隅と最も類似している、茂原を使った。

  2008年〜2018年の11年間の発電能率の推移を試算してみると、下図@のように

 発電能率は、1年あたり0.0235/2.064kwh=1.1%のペースで低下したことになり、
 このペースで低下すると40数年後には約1kwhに半減することになった。 

図@

発電能率の推移
図A

発電能率の予測


  しかし、上の図Aグラフでは、1年当たりの劣化が1.1%と、一般に言われる0.25〜0.5%に比べ過大なので、

2009年を2008年と2010年の平均2.03に修正し再計算してみたところ(↓図)のように、1年あたりの劣化が0.6%、

半減期は約80年となった。

図B

発電能率の修正予測


 が、しかし、2009年値が高いので、発電能率の安定した2010年〜2018年で再々計算(下図↓)したところ、
1年当たりの劣化は0.38%、能率半減期は130年後となった。



  この大差のある計算結果いずれもそれなりの理屈が成り立つので、太陽光発電をPR用する業者は、
  当然、経年劣化の少ないBのデータを使うことになる。したがって、統計やデータというものは、
  利害関係者の思惑でいろいろ、都合よく作ったり使われたりするので、注意が必要である。   
   なお、統計悪用の好例として、2019年2〜3月における厚労省統計疑惑が見られる。


 イ 月別発電能率

  下図Cのように、発電能率最高の2月が1.71、最低の7月は1.13と、2月の58%に過ぎない。

  これは、太陽光パネルの半導体の働きが、高温で低下すると言われるその現れらしい。

図C

月別発電能率

快晴日の1日発電量/その日の可照時間で試算




(4) 第2発電所建設計画
 2009年11月から10年間、東電の買い入れ価格が48円/1kwhと、従来価格から2倍にアップ。
これを1日最大発電量19kwhを換算すると912円の効果があることになる。米の倭の代官所も
ようやく地球温暖化対策に力を入れ始めたようで、嬉しい。
 そこで、せっかくの良い話なので、現発電所と全く同規模の第2発電所を建設し、地球を更に手厚く守りながら、
両者の発電量の比較(傾斜角による差、上屋と下屋の日照時間の差)などいろいろ研究しようと、

(5)2010年1月12日:串田商事と相談。
  @設置屋根の形状、A夕方の日陰、B現パワーコンディショナーとモニターの扱いなどの問題点が明らかになり、
串田商事がしばらく検討することになった。そして、ようやく、

2011年5月9日になって、検討結果の説明に来た。
特に@のトタン屋根への設置が難題で、家庭用の発電設備は載せられないので、業務用ではどうかと。

 しかし、業務用は、@原則として補助金が出ない、A設備単価が高いし、その上、B東電への売電単価が、
現在の48円/kwhから42円に契約し直しになるというし、悪い条件ばかり。

 地球と人類のためには、単価とか採算などを言っている場合ではないので、早い時期に何とか設置したいと、

規模と形状、経費など見積もりを頼んだ。・・・業者が大長考の末、結局ダメ。


一方、世間では、メガ・ソーラ―などの大規模太陽光発電の設置などが盛んに行われ、発電余りも。

 そして、2019年からは東電の買い入れ価格48円/1kwhの10年間の優遇が順次終了するので、
その後は、単価の大幅下げ必至。

今後の、太陽光発電の発展拡大方向に暗雲、黄信号


戻る