風太郎のお天気防災相談所

■ お天気防災関係リンク
 
 (1) 惑星、星空のようす 国立天文台提供。先ず、遠い目で辺りを見渡しましょう。
 (2) 気 象 庁提供 :これで、お天気関係のほぼ全てが分かります。
 (3) 天気予報の理論 :佐藤相談員提供。高度な理論をはじめ雲の写真などいろいろ出てきます。       

 (4) 桜の開花稲の収量予測など・・・友達による気象情報利用の研究所。
 (5) ヒオシガリの適期 :海上保安庁海洋情報部(旧水路部)提供
    (東京湾での目安は 、5月〜7月の満月又は新月後の3、4日間[つまり大潮]の、10時〜14時ごろですよ。)
 (6) 防災:防災NPO情報、内閣府の全般的情報


風太朗お天気&防災相談所ここです

   お天気は日々の生活や農業生産に大きく影響します。また、地球温暖化ヒートアイランドも、気になります。一緒に考えましょう。

  例えば、地球温暖化懐疑論などに対しては、取りあえずこ れ←で対応

 当相談所の雨量計(ボク発明)

  普通のバケツ(ブリキ製、直径30.5cm)に
 溜まった雨の重さから雨量を推定する
    
 ・円筒形の容積=πr2乗hの hを求めるもの。
   h=1cmの場合730cm3(g)であるから、
  溜まった雨730gで、雨量10mm。

バケツ側面の計算式で雨量を計算する。
           
  雨量 (mm)=(●ー1.2)/0.073

       ただし、●=雨入りバケツ重(kg)
         1.2=バケツの重さ(kg)

 



観測結果の例(2017.9.16〜11.23。それぞれ、降り始めから降り終わりまで)       




(2) 周辺アメダスとのデータ比較(2017.9.16〜11.23)
                                                              単位:mm
     茂 原    大多喜    勝 浦    夷隅島
@ この期間の降水量計 949.0 1,228.0 1,019.0 1,029.8
A 〃   計の夷隅島との差 -80.8 198.2 -10.8      ― 
B 〃   日別夷隅島との|差|の平均 8.3 14.1 24.5     ―
C 〃   降水量の平年比 2.133 2.129 1.90     ―
  (参考) 年降水量の平年値 1,664 2,237 1,970    (2,000 ?)


・夷隅島の降水量計は勝浦に近いが日別の差が大きく、降り方は茂原に類似している。

・この期間の降水量は、茂原、大多喜で平年の2倍以上を記録するなど、各地点とも平年を大きく上回った。

・大多喜の年降水量は平年値2,237mmで、県内アメダス18地点中No.1の多雨。

・この分では、夷隅島の年降水量はほぼ2,000mm?




● お天気&防災相談所開設以来の主な話題:10年分を別冊の  相談所だよりにまとめました。
  ・ 御希望の方は、任意の方法で「相談所だより送れ」と、御請求下さい。(B5版、約160ページ。500円、送料別)

 お問い合わせは  ここへ(無料。)
 お問い合わせされない方は  ここへ



眼の保養

鯨 雲

(2006.3.31、F市上空を泳いだ)

きれいな三番瀬ゼ(2001.3.14)。

そして見学会の時の写真どうぞ。

 なお、D県知事は2001年9月26日、埋め立て計画の中止を発表。
そして、2期8年間、各地の干潟保存の模範となるような、永久的な再生保存の検討が進められた。



目次へ