九十九里浜歩き大会 吉兆=

2009年大会←これをクリック

1999年、2001年、2004年、2005年、2006年、2007年大会の様子を、コース順に取り混ぜて掲載しました。
  ※2010年大会は、5月22日薄晴れ、微風の絶好のウオーキング日和の下、盛大に行われました。

1 1999年大会の朝飯岡荘前にて(’99.5.22)・・参加者8
 2004年のさか望洋荘の玄関前に勢揃いした皆さん
  (’04.6.5)・・参加者14


 2005年朝の玄関前:(’05.6.4)・・参加者16 同左


 
  2006年大会曇り少し霧雨もあってやや寒く、装束はコモゴモ('06.6.3)・・参加者20  


2 松林を抜けて海岸へ (後ろは望洋荘、’01.6.2)

 風急に 松ことごとく 斜めなり
       防潮林にて子規?)


 九十九里浜(歩いている皆さんが小さく見える)防潮林のさか望洋荘・・・・・実際の望洋荘は窓側が海を向いている


 2006年スタート直後北東のやや冷たい風に押されて絶好のコンディション
                     海上にはサーファーや漁船多数('06.6.3)
 


3 はるか「太東崎」目指して(’04.6.5)  干潮で広々とした砂浜・・・心も広々


4 ゼンナ掻き=蛤漁 ('04.6.5)  


 前線の雲を南に追いやって好天に(2005.6.4)
 急な日射を受けて砂浜から立ちのぼる湯気
  ('05.6.4)


5 魚釣り、貝拾いの人など(干潮の時、歩きながらでも
                       小さい蛤がとれる。時には大きいのも。)
小休止(ハワイへ6126kmとか:蓮沼海浜公園


 只管スタコラ  


6 ハマヒルガオの群落   海水の来ないこの中には


コアジサシの卵

 




 
 国際希少種コアジサシ」の産卵が見られる。「アカウミガメ」も産卵するそうです。  


 
 九十九里 浜のほぼ中央片 貝」付近の砂漠('06.6.3)  

 

           吉兆!
その1:巻雲の氷晶で発生した環水平アーク
 太陽はこの上にある(2007.6.2。12°40′九十九里浜片貝付近)
 太陽の側が赤
          吉兆!
その2:「環天頂アーク色の配置がその1とは逆(上、下
 太陽は この彩雲の下にある(2007.6.23。17°12′夷隅農場上空)
  の側が赤


8 スタスタ・・スタスタ・・スタスタ・・スタスタ・・スタスタ・・・・・・  途中には、カイトサーフィン大会


 ロケ(’04.6.5)       薄く・・・はるかに・・・ゴール地点の「太東崎」が見えてきました


 その時 画伯の発句


降るとまで
  人に思わせ
     風日和

  (2006.6.3)
 
 40数キロ歩いて、もうすぐ「二三屋」。余裕の泉ゆきを画伯、後方は佐藤合鴨農法士

風太朗の雨予報良い方にハズレて御機嫌。画伯の手にはコウモリ傘赤い球は漁網のブイ。
              
   


9 太東崎のゴール(’01.6.2)
           その太東崎に登って、見ると・・・ ↓↓
10 完歩後マダマダ元気な皆さんと(’01.6.2)
  (太東漁港(カメラの後ろ)を見ながら、後方は歩いてきた九十九里浜。海上にはサーフィンの群)
           
                 

 

   絶景かな〜絶景かな〜
     なお、複雑な河口の入り江は「ラグーン(潟湖セキコ干潟」と言われるもの。   
 
  その太東崎を大原の浜から見たもの


 詳くは、機関誌2007年7月号2006年7月号2005年7月号2001年7月号99年7月号クリックしてどうぞ!

 ※  お問い合わせ参加御希望は、鈴木会長ファックス(043−291ー2917)へ。
    


目次へ戻る