2018年の水稲栽培 1 コシヒカリ(千葉エコ米13年目=レンゲ緑肥栽培5年目)  
                 2 縄文米(10年目) 


1 コシヒカリのレンゲ緑肥栽培・・・・・エコ米PR18
       
  
  (1) 2018年産、準備作業
    ・ 2017年9月15日、耕耘:稲藁の全量うない込み。
     ・ 9月23日:レンゲ播種。播種量=レンゲ継続田3kg/60a。
                  前作の大倒伏の反省から  〃  と1/3量とした。

 (2) 2018年3月4日:レンゲのうない込み。〜3月23〜24日まで水を入れず乾かしておき
     水を入れてから3月26日、4月1日に耕耘。4月10日に代掻き。水持ちが良くなるよう十分に耕した。

  (3) 田植え:4月19日。

  (4) 除草剤撒布:5月9日(南側の圃場)、5月10日(北側の圃場)

  (5) 生育状況












 

 




 ※ レンゲ緑肥のみの肥料では初期生育が遅れるため不十分な中干となり、このため出穂期になっても肥効が持続→稈長が伸び→倒伏の図式。
  その反省から、今年は、中干を十分行い、その後も渇水気味の水管理。とにかく倒伏しないようにと。果たして・・・・・・

 (6) 7月17日:出穂の走りチラホラ。
    十分な中干とその後も水入れをしなかったので、目論見どおりの「やや生育不良」。草丈はやや短く、この分では倒伏せず大丈夫そう。

 (7) 刈り取り〜乾燥調製8月30日ごろ。








 (8) 目標収量は7俵=420kg/10a.。
    
 (9)  発送:9月上旬〜

  




縄文米の遊喜ザリガニ農法(無肥料無農薬栽培)


           2018年


・ 種子水浸:4月2日

・ 播種:4月13日。

・ 耕耘:5月4日。その際、今までの無肥料(無農薬)による生育不良の反省から、豚糞肥料を施そうとしたのだが、
         トラクターの調子を見るのに追われて、失念。無肥料での耕耘。

・ 田植え:5月13日。

   その後も、無肥料のため今年もまた、生育不良。分げつ極少なく、数本/株。








・ 9月10日ごろ:刈り取り

・ 天日干〜脱穀〜籾摺り。

・ サービスは:9月中旬〜〜お楽しみに。




目次